毎日、紫外線は降り注いでいます!

しみ・そばかすのできる仕組みと予防方法

しみ・そばかすのできる仕組みと予防方法

きれいな肌の大敵、しみとそばかす。しみもそばかすも、メラ二ンという色素が増えすぎる事が原因です。メラニンは肌に良くない物質と考えられがちですが、実は肌を紫外線から守ってくれる大事な要素でもあります。

しみ・そばかすのできる仕組みとその対策についてです。 肌の表面の下層部分にはメラノサイトというメラニンを作る役割を持った細胞がいます。メラニンには肌の体温を保つ役割と、紫外線を肌に必要以上に吸収させないようにするという役割があります。

ただし、肌に当たる紫外線が強すぎるとメラニンは黒く変色するようになります。この変色するメラニンの量が多くなると日焼けになり、さらに進行するとしみ・そばかすの原因となります。

しみとそばかすは両方とも変色するメラ二ンが増える事が原因となっていますが、しみは女性が30代の年齢になってきて、肌の老化が始まってくる事でできやすくなります。対してそばかすは小さい幼少の頃や、思春期の頃にできやすく、遺伝的なものが原因と言われています。

また、そばかすは目の周りや頬にできやすいものとも言えます。 しみやそばかすはずっとそのままかというとそういう訳ではありません。肌の細胞というのは再生を繰り返して日々入れ替わっています。ターンオーバーとも言います。

しみやそばかすも肌の細胞が入れ替わっていけば薄くなったり、なくなったりします。しかし年齢が高くなると細胞の入れ替わりが上手く行われず、長期間残ってしまう事もあります。しみ・そばかすを防ぐには肌に栄養と休息を与える事が大切。

食事には気を付けてビタミンC、Eを多く取るのが効果的です。栄養を十分に取ると、メラニンが必要以上に作られる事を防ぐ事ができます。

また睡眠時間はしっかりととる事で、肌も元気なエネルギーを定期的に取り戻す事ができます。肌の老化は日々進行していくので気づいたら早い段階で、予防を始めると、これからもきれいな肌を長く保つ事ができます。