赤ニキビや白ニキビの対処法について

赤いニキビと白いニキビの違いは?

赤いニキビと白いニキビの違いは?

ニキビは普通赤いですが、白いプツプツしたニキビもあります。これは白ニキビとも呼ばれているもので、皮脂や汚れ・膿が溜まっているものです。痛みがあったり、固くなっているという時もあり、これが気になってよく潰してしまう方がいますが、潰すと跡が残ってしまうので潰さない事をお勧めします。

潰しても跡が残らない場合もありますが、自分の判断で潰すのはあまりお勧めしません。 赤いニキビとの違いは炎症を起こしているか、いないかという点です。赤ニキビでは皮膚が炎症を起こしていますが、白ニキビでは皮脂や汚れが溜まっているニキビの初期の段階です。

症状としては軽い方なので、気づいたら洗顔や生活習慣の見直しをし、ケアを行います。 ケアの方法は普通のニキビと同様、こすらないように泡を作って洗顔をし、清潔に肌を保ちましょう。化粧水で肌を保湿しておくのも効果的です。

また、睡眠はしっかり取って、食生活はできる範囲でバランスを意識して、健康的な食事をとる事が大切です。これらを続けていれば徐々に白いものは引いていき、ニキビもなくなります。 潰したくなる気持ちも分からなくはないですが、じっくりと治しましょう。

また、自分で潰すつもりはなくても、何かの拍子に潰れてしまったという場合もあります。この場合は仕方がないので、白いものの中に、芯のようなかたまりがある事があるので、それは出し切っておきます。その後はきれいな水で洗い流し、オロナインなどの市販の薬を塗っておきましょう。

それでも症状がひどく、治りそうにない場合は皮膚科に行って相談した方が良いでしょう。 ニキビの治し方は基本的にはあまり薬などを塗りすぎず、自然に治すことをお勧めします。ニキビの傷口を防いだりしても、逆に治りにくくなって跡になってしまうという事もあります。

肌のトラブルは、肌の細胞のターンオーバーという生まれ変わりで治っていきます。できるだけ清潔にして、ターンオーバーでの自然な回復を待つ方が、きれいに治ります。